<雑記>主要構造部の一種以上について行う「過半」の意味するところ

リフォーム工事においては、建築確認申請(以下、確認申請ないし申請)という手続きが必要な工事と、そうでない工事があります。

確認申請は、建物が建築基準法等に定められた基準に適合しているかどうか、チェックする仕組みなのですが、リフォームといっても「照明の交換」とか、「壁紙の張替え」とか、小規模な変化まで役所もいちいちチェックしていられません。

なので、申請が必要かの基準が設けられています。例えば、法律に定める「大規模な修繕」「大規模な模様替え」は確認申請が必要です。(戸建住宅等の4号建築物除く)

何をもって、大規模とするか?
条文には「主要構造部の一種以上について行う過半の修繕・模様替え」とあります。(主要構造部=壁、柱、床、はり、屋根又は階段

ただ、この「過半」の考え方が難しい。
・例えば、外壁全てのサイディングを交換する場合、建物の荷重を支える部分には手をつけていないが、これは壁の過半の修繕か?
・屋根の瓦だけを葺き替える場合は?
・カバー工法により、既存建物の表面に何か付け足す場合は?
・建物を支える壁11箇所のうち、5箇所を除去した場合は?

この判定基準についてメモを残します。 “<雑記>主要構造部の一種以上について行う「過半」の意味するところ” の続きを読む