耐力壁は誰がつくったか?その1耐震理論の成立

耐力壁とは何か?

耐力壁(たいりょくへき/たいりょくかべ)は、地震発生時や台風の来襲時に家が壊れないよう、その力に抵抗する壁のことです。日本の家屋は、この耐力壁の話と切り離すことができず、耐震を考える時はほぼ必ず耐力壁を中心に計画されます。熊本地震(2016)でも、数多くの建物が倒壊し、耐力壁の重要性が改めて認識されるようになりました。
そんな日本の住宅を支えてきた「耐力壁」ですが、一体誰が作ったものなのでしょうか?耐力壁が成立し、世に浸透するまでの歴史について調べてみます。

“耐力壁は誰がつくったか?その1耐震理論の成立” の続きを読む